BioStar 2.7.11から、新しいユーザー同期オプションが追加されました。

ユーザー同期オプション「特定のデバイス(アクセスグループに属するデバイスのみ)」は、部分的な自動ユーザー同期モードです。 つまり、アクセスグループの構成に応じて、ユーザーデータは所属するデバイスに自動的に同期されます。

BioStar v2.7.14から、関連するアクセスレベル、フロアレベルをデバイスに転送が可能です。


注意

  • 同期に「特定のデバイス(アクセスグループに属するデバイスのみ)」機能を使用する場合、グループマッチング機能は使用できません。グループマッチングを使用している場合は、この機能を使わないでください。




1.「特定のデバイス(アクセスグループに属するデバイスのみ)」同期は?

  • アクセスグループを、そのデバイスが属しているデバイスに転送します。

            ユーザーデータを各ドアリレーとフロアリレーのマスターデバイスに転送します。

  • デバイスが含まれているすべてのアクセスグループの1つ以上のアクセスグループにユーザーが含まれていない場合は、そのユーザーを削除する必要があります。
  • デバイスが含まれているすべてのアクセスグループの1つ以上のアクセスグループにユーザーが含まれている場合、そのユーザーはデバイスに保存され、更新される必要があります。
  • デバイスが含まれていない特別なアクセスグループは、ユーザーデータを取得する必要があります。(例:バイパスグループなど)
  • デバイス管理者として登録したユーザーは、デバイスに転送する必要があります。


2.「特定のデバイス(アクセスグループに属するデバイスのみ)」同期を構成するには?

1. 「BioStar 2>設定>サーバー>ユーザー/端末管理>自動ユーザー同期」からモードを選択します。


2. ポップアップ警告メッセージが表示されます。新しいユーザー同期モードを使用するために各デバイスの[データ削除&端末同期]をクリックする必要があることを意味します。 「OK」をクリックします。


注意

「データ削除&端末同期」を行わない場合、各デバイスは以前に保存した無効なユーザーが残ります。

無効なユーザーデータがデバイスに保存されている場合は、操作中に問題が発生する可能性があります。


3.  2つの新しいデータベーステーブルがAC DBに作成されます。 (t_acsgrsent、t_usersent)


4. 各デバイスの「データ削除&端末同期」を実行します。(右クリック)