イベントログをリアルタイムで取得する場合は、BioStar 2 APIではなく、Webソケットメソッドを使用することをお勧めします。 これは、イベントログが生成されると、最初にBioStar 2のモニタリングセクションに表示され、数秒後(約3〜10秒)にBioStar 2 DBに保存されるためです。 それらの間には少し時間のギャップがあります。

なので、Webソケット経由でリアルタイムログを取得する必要があります。


以下は、Webソケット経由でイベントログを取得する例です。 以下の指示に従ってください。

1. HTTPSを使用するようにBioStarを設定します。

2. 「ws2_modify.html」添付ファイルをコピーして、下のパスに貼り付けます。

            C:\Program Files\BioStar 2(x64)\nginx\html


3. BioStar 2サーバーが稼働するホストのIPアドレスを設定します。赤のIPアドレスを変更します。

4. Chromeブラウザからhttps://[ホストサーバーのIPとポート番号]/ws2_modify.html にアクセスします。 たとえば、3)の場合、アドレスウィンドウにhttps://192.168.14.17:456/ws2_modify.htmlと入力してください。



5.以下の画面が表示されます。


6.Chromeブラウザで、キーボードの「F12」を押してデバッグモードを開きます。


7.BioStar 2 ServerにアクセスするためのIDとパスワードを入力した後、[ログイン]ボタンをクリックします。

8.次に、MessageEventのリアルタイムログを確認します。 詳細なMessageEventが表示される場合は、code, name, descriptions, event_type_idに関する情報を確認できます。

(イベントログにマウスを合わせると、イベントログの詳細情報が確認できます。)


9.このMessageEventを解析することで、リアルタイムのイベントログを取得できます。


ソケット接続はお客様の方でお取り扱いください。