イベントログをリアルタイムに取得したい場合は、BioStar 2のAPIを使用するよりも、WebSocketメソッドを使用することをお勧めします。これは、イベントログが生成されると、最初にBioStar 2のモニタリング部分に表示され、数秒後(約3~10秒後)にBioStar 2 DBに保存されるからです。それらの間には少し時間のギャップがあります。 

そのため、WebSocket経由でリアルタイムのログを取得する必要があります。


以下は、WebSocket経由でイベントログを取得するサンプルです。下記の手順に従って行ってください。

  1. BioStarがHTTPSを使用するように設定する。
  2. 添付ファイルの "ws_biostar2.html"をコピーして、下記のパスに貼り付けてください。
    • C:\Program Files\BioStar 2(x64)\nginx\html

  3. BioStar 2 Serverが動作しているホストのIPアドレスを設定する。以下の赤い枠で示したホストのIPアドレスを変更してください。
  4. Chrome ブラウザからhttps://[your host server’s IP & port number]/ws_biostar2.htmlにアクセスする。
    例えば、3)の場合、アドレスウィンドウに https://192.168.0.20:443/ws_biostar2.html を入力する
  5. そうすると、以下のような画面が表示さ れる。

  6. Chromeブラウザでキーボード「F12」を押して、デバッグモードを起動する。

  7. BioStar 2 Server にアクセスするための ID とパスワードを入力し、Login ボタンをクリックする。
  8. 次に、MessageEvent でリアルタイムログを確認する。
    MessageEvent の詳細が表示されたら、event_type_id codenamedescriptionsなどの情報を確認することができる。(イベントログにマウスオーバーすると、イベントログの詳細情報を確認することができる)

  9. このMessageEventをParseすることで、リアルタイムのイベントログを取得することができる。

なお、WebSocket接続はお客様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。