BioStar 2.6以降の場合

BioStar 2.6のソフトウェアが変更されたため、Spring WebServerで使用するには、Javaキーストアを作成する必要があります。


1. 管理者権限でコマンドプロンプトを実行します。


2. 以下のコマンドを使用して、プライベート証明書のcrtおよびキーファイルでp12を作成します。

openssl pkcs12 -export -in mycert.crt -inkey mycert.key -out biostar_cert.p12 -name "biostar"openssl pkcs12 -export -in mycert.crt -inkey mycert.key -out biostar_cert.p12 -name "biostar"openssl pkcs12 -export -in mycert.crt -inkey mycert.key -out biostar_cert.p12 -name "biostar"openssl pkcs12 -export -in mycert.crt -inkey mycert.key -out biostar_cert.p12 -name "biostar"
Text

[参照]

[注] opensslはBioStar 2と共にインストールされ、以下のディレクトリにあります。

C:\Program Files\BioStar 2(x64)\ta\OpenSSL-Win32\bin 

その際、"Enter Export Password: "が表示され、"suprema111"と入力してください。   


3. 作成された'.p12', '.key', '.crt' ファイルをC:\Program Files\BioStar 2(x64)\nginx\confにコピーします。

[] AC".*p12"ファイルを使用しますが、TA「biostar_cert.key」「biostar_cert.crt」を直接使用します。

したがって、".*p12"ファイルの作成に使用されるキーおよびcrtファイルの名前を「biostar_cert」に変更し、「biostar_cert.key」および「biostar_cert.crt」に置き換える必要があります。 (元のbiostar_cert.* ファイル)


4. Java keytoolを使用してjksファイルを作成し、サイトのプライベート認証を調整します。

[注意] パスワードは'suprema111'にしてください。

keytool -importkeystore -srckeystore biostar_cert.p12 -srcstoretype pkcs12 -destkeystore keystore.jks -deststoretype jks
Text


5. BioStar SettingCore Web ServerBioStar 2 serviceを停止します。


6. C:\Program Files\BioStar 2(x64)system.confおよびsetting.confファイルをバックアップします。


7. 管理者権限でコマンドプロンプトを実行します。


8. cd "C:\Program Files\BioStar 2(x64)" を入力します


9. 以下のコマンドを実行します

java -cp "C:\Program Files\BioStar 2(x64)\util";"C:\Program Files\BioStar 2(x64)\util\lib\google-collect-1.0.jar";"C:\Program Files\BioStar 2(x64)\util\lib\gson-2.8.2.jar" BioStarSetup "C:\Program Files\BioStar 2(x64)"
Text


10. system.confおよびsetting.confファイルをC:/Program Files/BioStar 2(x64)に復元します。


11. BioStar SettingCore Web ServerBioStar 2 serviceを開始します。