PoEとは? 

Power over Ethernetは、Ethernetインターフェースでデバイスに電源を投入する機能です。別途の電源をデバイスに配線する必要はありません。

PoE機能を備えたハブとスイッチは、デバイスに電力を供給することができます。



どのクラスのPoEハブを使用すればよいですか?

PoEスイッチでSupremaデバイスを使用するには、スイッチが少なくともクラス0である必要があります。



各PoEハブポートによる電力供給は、ハブがIEEE802.3af規格に準拠していることとは関係ありません。

PoEとして接続できるデバイス数は、ハブの仕様によって異なります。

たとえば、各ポートで12ワットを完全に提供するハブは、PoEで電源がオンになるXpassデバイスで正常に動作します。

ただし、ハブの仕様がポートあたり最大12ワットである場合、多くのデバイスがPoEとして接続されている場合、ポートあたりのワット数が12ワット未満になる可能性があります。

この場合は、24ポートのハブがあり、すべての24ポートをすべてPoEで接続する場合、各ポートは6ワットを提供する可能性があり、デバイスには十分ではありません。

各ポートで12ワットの電力をすべて提供するPoEスイッチを使用することが重要です。



デバイスをPoEハブと電源に同時に接続して使用できますか?


予期しない問題を回避するために、単一電源を使用することをお勧めします。


2つの電源が接続されている場合、デバイスはどの電力が使用されるかを認識できません。

電源を最初に接続してからPoEを接続しても、アダプターの電圧に基づいて電力の選択が変わります。


PoEハブが十分な電力を供給していない場合、PoEハブは電力をカットする可能性があり、ネットワークの問題を引き起こす可能性があります。 過度の電力は、燃焼によるデバイスを損傷する可能性があります。

また、2つの電源を接続した場合、不要な電流によりノイズが発生することがありますので、1つの電源での使用をお勧めします。


以下のお知らせも参照してください。

http://support.supremainc.com/discussions/topics/24000004989


* XPass 2デバイスのみ12 V DCとPoEを同時に接続できます。(XPass 2 Article