Biominiは、USB指紋リーダーです。

BioStar 2でサポートするデバイスは、以下のリンクに示されています。

[BioStar1, 2] Biomini及びBiomini Plusのサポート 


BioStar 2でデバイスを認識するには、Biomini agent / USB agentをクライアントPCにインストールする必要があります。

インストールファイルは、BioStar 2 Webクライアントの設定> USBエージェントからダウンロードできます。



構成


1.デバイスマネージャーを確認する

デバイスマネージャーを開き、Suprema Fingerprint Scannerが正しく検出されることを確認します。


2. USBエージェント認証を確認する

USBエージェントが実行されています。 Windowsのスタートメニューで検索できます。


プログラムが実行されたら、システムトレイのUSBエージェントアイコンを右クリックし、Setupをクリックします。

Enroll Certificatesをクリックし、証明書を登録するSecurity Warningが表示されたらYesをクリックします。


StopをクリックしてからStartをクリックして、サービスを再起動します


3. BioStar 2 Deviceメニューを確認します

端末メニューのUSB Deviceに表示されます。



トラブルシューティング


1. USBエージェントポートが別のサービスによって使用されているかを確認します

ポート8081および8082が別のサービスによって使用されていないことを確認してください。

以下のガイドを参照してください。

Windowsのポート使用の確認 

別のサービスがポート8081および8082を使用している場合、サービスがクラッシュするか、StartをクリックするとStartedが表示されません。

同じポートを使用している他のサービスを除外してください。

または、以下に示すように、BioStar 2.6のBiomini Agentポートを必要に応じて変更できます。

[BioStar 2] Biomini / USBエージェントポートの変更


2.アクセス権を変更する

Biominiで指紋をスキャンするたびに以下のエラーが発生する場合は、USBエージェントの権限が設定されていない可能性があります。


その場合は、タスクマネージャーでタスクを終了します。


「C:\Program Files (x86)\USB Device Agent\usb-agent」のusb-agent.exeのプロパティを変更します。


OKをクリックします。



3. APIを確認します

プロキシサーバーを使用している場合は、例外としてlocalhostを追加する必要があります。


以下のURLにアクセスして、localhostが正常に動作しているかを確認できます。

localhost:[ウェブサーバーポート] / api / device


上の画像は、接続可能で動作していることを示しています。


BioStar 2サービスが実行されていても、以下のエラーメッセージが表示される場合は、localhost接続がブロックされていることを意味します。

4. USBエージェントのログを確認します

USBエージェントのログは、次のフォルダーにあります。

C:\Program Files (x86)\USB Device Agent\usb-agent\logs 



ログファイルを開いて、表示されているエラーを確認します。

要求に応じて、テクニカルサポートチームにログファイルを提供してください。