ユーザー情報の転送に使用されるデータの量は基本的なユーザー情報を計算し、生成されたログを使用して、デバイスとサーバー間で転送される頻度を計算します。


イベントログ

48バイト(イメージログを除く)


パケットヘッダー
36バイト(ユーザー登録、Keepalive、およびその他すべてのパケットで使用)


Keepaliveパケット

サーバーからパケットを受信していない場合、KeepAliveパケットは30秒ごとにサーバーに送信されます。

*注:サーバーからのこのKeepaliveパケットに関する応答が10秒間ない場合、デバイスは接続が失われたと見なし、TCPソケット接続を切断します。デバイスが切断されると、スレッドスケジュールに基づいて再接続を試みます。


ユーザー情報
基本ユーザー情報:60バイト(ID、有効期間、...)

アクセスグループ情報:4 * nバイト(グループ数 =最大16)

ユーザー名:192バイト

ユーザー写真:16キロバイト

ユーザーの個人メッセージ:128バイト

PIN:32バイト

ジョブコード:836バイト

カード情報:34 * nバイト(カード数 =最大8)

指紋テンプレート:772 * nバイト(指紋数 =最大10)

顔テンプレート:106632 * nバイト(顔数 =最大5)


上記のすべてのアイテムを含むおおよその合計します。顔1枚、指紋2指、カード1枚、アクセスグループ4件。

60 + (4 x 4) + 192 + 16384 + 128 + 32 + 836 + 34 + (772 x 2) + 106632 = 125858バイトまたは122.9キロバイト


ユーザー情報は、デバイスがサポートするものに基づいて転送されます。

単一パケットの最大サイズ(64バイト)を超えると、パケットは複数のパケットに分割され、ヘッダー情報を再利用します。


サーバーからジョブコードまたはイメージログが要求されたとき

ログヘッダー:12バイト

拡張ログデータ:8 +12=20バイト

ユーザーIDログデータ:8 +32=40バイト

UIDログデータ:8 +4=12バイト

IOデバイスログデータ:8 +1=9バイト

ジョブコードログデータ:8 +4=12バイト

イメージログデータ:8 + 16K=16392バイト


上記のすべての項目の概算合計:

12 + 20 + 40 + 12 + 9 + 12 + 16392 = 16497バイトまたは16.1キロバイト


この情報がログ情報に追加されます。単一パケットの最大サイズ(64バイト)を超えると、パケットは複数のパケットに分割されます。


サンプル計算

1日あたり約3000のログが発生し、300のイメージログが作成されます。管理者はすべてのイメージログをチェックします(サーバーはそれらを要求します)。

各ユーザーには、少なくとも1枚の顔テンプレート、指紋2指、カード1枚、アクセスグループ4件があり、200人のユーザーがに転送されます。


1日あたりのデータ使用量はおよそ

3000ログx48バイト= 144000バイト

200ユーザーx125858バイト= 25171600バイト

300 x16497バイト= 4949100バイト


合計= 30,264,700バイト(パケットヘッダーとKeepaliveパケットを除く)= 30.2メガバイトを使用