BioStar 2は、複数のポートを使用してデバイスとデータ通信を確立します。

WANまたはVPNを使用してリモートネットワークにデバイスをインストールする場合、この情報は重要です。

接続モードの詳細については、BioStar 2の接続モードを参照してください。


BioStar 2のサーバーポートはデフォルトで51212ですが、設定>サーバーで別のポートに設定できます。


Windows PCでポートの使用状況を検索する方法は、次の記事を参照してください。

[BioStar 2] スクリプトでポートの使用の確認


使用ポート一覧

*タスクマネージャに表示されるプロセス名は青色です


データベース

  • MariaDB:3312 (mysqld.exe)
  • Oracle:1521
  • MSSQL:1433

T&A:3000(http), 3002(https) (node.exe)


ビデオ:3010(http), 3012(https), 6379(redis-server.exe)


ファイル共有: 445(WebDAV はファイルがサーバからクライアントにアップロードされる時に使用されます。)

**BioStar 2.6以降、445ポートは使用されません。

Nginx (web server): 9000

WebSocket: 9002 (biostar-server.exe)

webserver_thrift_port: 9310 (java.exe)


BioStar 2 Server

  • 51212 (default) (biostar-server.exe)
  • 51213 (TLSを使用する場合)

Web server : HTTP 80 (default) & HTTPS 443 (default) 


(nginx.exe)


Cloud:

  • 52000 (default) (nginx.exe *32)
    • V1 8790(app), 8781(doc)
    • V2 8795(app), 8786(doc)
  • 4443 (ngrok.exe *32)
  • URL: cloud.biostar2.com, api.biostar2.com


(Local) API server:

  • 27017 (default)


USB Agent: HTTPS 8081 (default), HTTP 8082 (default) (usb-agent.exe *32)


UDP (端末検索): 51210


Device Port: 51211 (default)



サーバーとデバイスの接続


サーバーからデバイスへのモードでは、デバイス接続はBioStarクライアントから開始され、クライアントはサーバーに接続します。このため、デバイスが既に特定のクライアントに接続されているときに、別のクライアントからデバイスを表示できません。

この場合、ポート番号は以下のようになります。



リモートネットワークにデバイスをインストールする場合は、端末→サーバ接続モードを使用することをお勧めします。

これにより、デバイスは接続が失われた場合、自動的にサーバに接続されます。

以下の図を参照して、ファイアウォール及びルーターで必要に応じて開いて転送する必要があるポートを確認してください。


サーバから端末接続 



端末からサーバ接続モード 



Webサーバーポートの変更

クライアントとの通信に使用されるサーバーHTTPポートまたはHTTPSポートは、BioStar設定で変更できます。

BioStar設定は、BioStarのインストールに含まれています。スタートメニューでアプリケーションを検索できます。

ポートを変更するには、サービスを停止する必要があります。




サーバーポートの変更

サーバーポートは、BioStar 2のメニューの設定>サーバーで変更できます。



デバイス ポートの変更

デバイスを選択すると、デバイスメニューでデバイスポートを変更できます。ネットワークタブにあります。



以下はBioStation 2のデバイスマニュアルのスクリーンショットです。

LCD付きデバイスの場合、デバイス上でも設定できます。