FW v1.0.0_20200916以上に適用

BioStar v2.8.6以上に適用

FaceStation F2 (FSF2)はSupremaの新しい顔認証および指紋認証端末です。


ユーザー写真登録、アクセスオンカード、顔1:N 50,000、マスク検出、および指紋センサーサポートが主な機能です。


なぜFaceStation「F2」ですか?

F2は「Fusion」を意味します。 Fusionという用語は、IRベースの顔認識とAIベースのビジュアル顔認識を表します。

「IRベースの顔認識」は、偽の顔を検出するためのより優れたなりすまし防止メカニズムを提供し、「ビジュアルベースの顔認識」は、登録と認証の両方の速度を提供します。



Fusion Algorithmの詳細については、ここをクリックしてください。


FaceStation F2の新機能は何ですか?


1.    新しい顔認識技術

a. フュージョンフェイスマッチングサポート=IRカメラベース+ビジュアルカメラベース

ノート:FaceLiteまたはFaceStation2のフェイステンプレートは、アルゴリズムがFaceStation F2と異なるため、FaceStationF2のフェイステンプレートと互換性がありません。

2.    ユーザー登録方法

[BioStar 2] VisualFaceクレデンシャル情報を登録する方法を確認してください。

  • ユーザーごと最大2パータンのビジュアルフェイスポーズが登録できます。

a.    デバイスから登録

b.    BioStar2の[ビジュアルフェイス]からユーザー登録

 i.    BioStar 2 DeviceSDKで使用できます。 (ここをクリック)

ii.    Suprema G-SDKで使用できます。 (2020年10月末発売予定)

    c.    [新機能] BioStar2でユーザー写真登録

  • フォーマットはJPG, PNGをサポートします。
  • イメージサイズは最小250 x 250、最大1280 x 1280です。

         i.    BioStar 2 DeviceSDKで使用できます。 (ここをクリック)

         ii.   Suprema G-SDKで使用できます。(スケジュールは未定です。)

    d.    [新機能] BioStar2クラウドおよびBioStar2のSMTP構成を使用した携帯電話からの登録

クラウド設定にはスタンダードライセンス以上が必要です。 
 [BioStar2] サーバーライセンスの仕様

    e.    [新機能] v2.8.7以降のCSVインポートによる写真ファイルでユーザー登録

3.    F2顔テンプレートまたは指紋テンプレートのアクセスオンカード

a.    スマートカードにF2顔テンプレートまたは指紋テンプレートをカードメモリに保存できます。

 ノート:  スマートカードにF2顔と指紋テンプレートを同時に保存することはできません。

4.    最大ユーザー数

a.    FaceStation F2は顔1:N 50,000ユーザーをサポートします。

5.    マスク検出と顔認証

マスク検出・顔認証に対応しているので、マスク着用状態でアクセスが可能です。

6.    Supremaモバイルアクセスサポート 

[BioStar 2] How to Use Suprema Mobile Access


7.  Supremaサーマルカメラ (関連リンク


モデルリスト

FSF2-DB、FSF2-AB : 顔認証

 - カードの種類によって、型式が異なります。


FSF2-ODB :顔認証&指紋認証サポート

- FSF2-ODBは、指紋センサーによるマルチモーダル認証をサポートします。



他の製品との違いは何ですか?

サポートする

  • IP65

  • マスク検出

  • マスク着用時の顔認証

  • USB CケーブルのサーマルカメラTCM10-FSF2

  • 他のBioStar2指紋製品からの指紋テンプレートの互換性

  • 指紋サーバマッチング

サポートしない

  • F2サーバマッチング

  • Wireless LAN接続

  • PoE (Power over Ethernet)

  • SIPベースのVoIPサーバーまたはアナログインターホン

  • FaceStation2またはFaceLiteからの顔テンプレートの互換性


FaceStation F2のA&Eスペック

Click here


製品情報

Click here


FAQs

1. FaceStation F2は何の画像形式をサポートしますか? 

JPG, PNGをサポートします。


2. FaceStation2の顔テンプレートをFaceStationF2のユーザー顔テンプレートに使用できますか?

いいえ。テクノロジーが異なるため、サポートしません。 


3. FSF2-ODBから他のBiostar2指紋製品への指紋としてエンコードされたAccesson Cardを使用できますか? 逆に、他のBioStar 2指紋製品からFSF2-ODBへの指紋としてエンコードされたAccess Onカードを使用できますか?

FSF2-ODBの指紋テンプレートは他のBioStar2製品と互換性があります。 FSF2-ODBと他のBioStar2指紋製品の間のスマートカードのレイアウトが同じである場合、両方の製品で1つのAccess OnCardを使用できます。


4. FSF2のユーザーの顔テンプレートは、ユーザー登録にいくつ必要ですか?

1ユーザーあたり2つの顔テンプレートです。


5. TCM10-FSF2から異常な皮膚温度が検出された場合、イメージログを作成できますか?

はい。トリガー&アクションで設定できます。


6. 多数のユーザーを一度に登録できますか?

BioStar v2.8.7以降でCSVインポートで多数のユーザーの写真をBioStar2に登録できます。

7. FSF2-DBおよびFSF2-ABは指紋テンプレートを保存しますか?

RS485マスター/スレーブモード用の指紋テンプレートを格納します。


8. FaceStation F2のビジュアルカメラでQRコード検出は可能ですか?

QRコード読み込みはサポートしておりません。カスタマイズが必要な場合はSupremaセールスチームまたはSuprema代理店にお問い合わせください。

https://www.supremainc.com/jp/about/contact-us.asp?


9. RS485配線でFSF2を接続できますか?

はい。ただし、インストールガイドの以下の注意点を参照してください。

RS485スレーブデバイスのFWアップグレードは、ファイルサイズのため、時間がかかる場合があります。USBでのFWアップグレードをお勧めします。


1)指紋認証デバイスがFaceStation F2のスレーブデバイスとして設定されている場合、他のFaceStation F2をスレーブデバイスとして追加することはできません。


2)指紋認証デバイスがマスターデバイスの場合、FaceStationF2をスレーブデバイスとして追加することはできません。

FaceStationF2がマスターの場合、1台のFaceStationF2がスレーブとして追加できます。


3)FaceStation F2が顔認証端末のスレーブデバイスとして設定されている場合は、それぞれ1つのSecure I / O2とDM-20を接続できます。


4)FaceStation F2が顔認証端末のスレーブデバイスとして設定されている場合、追加のOM-120を接続することはできません。


5)接続可能なスレーブデバイスの最大数は、認証方法、ユーザー数、デバイス数によって異なります。また、スレーブデバイスの数が認証速度に影響することに注意してください。


6)マスターデバイスは31台のスレーブデバイスを制御できます。 RS-485の帯域幅により、最大7台の指紋認証デバイスを接続できます。