バックアップ&リストア方法

①BioStar2をバックアップします。(例:BioStar2.8.9をバックアップ)

②事前にリストアするPCにバックアップ時の同じバージョンのBioStar2をインストールします。(例:BioStar2.8.9をインストール) 

③2.8.0以前のバージョンからアップグレードする場合は、データベース上の個人データの暗号化設定をご確認ください。[BioStar 2] 個人データ暗号化とデータ暗号化をご確認ください。

④新PCにリストアを実施します。


============================================================================


推奨されるバックアップルートは、dBでより詳細に制御できるため、常にMySql Workbench(リンク)です。


このバックアップツールの機能は以下のとおりです。

DBだけでなく、すべての設定ファイル、ライセンス、およびenckeyをバックアップする。

タスクスケジューラ内でスケジュールされたタスクとして実行することにより、自動バックアップをセットアップする。

既存のMariaDBファイルを使用するため、サイズが小さい。

バックアップファイルを使用する復元ツール


ツールはこちらからダウンロードできます。

バージョン2.7.10-2.8.9でテスト済み


このツールは、2つのバッチファイルとテンプレートフォルダで構成されています

手順は以下になります。

Section 1: バックアップ

 「Backup Generator.bat」をダブルクリックして実行します。


次は、PCシステムの種類を入力します。1. 32bit(32 Architecture), 2. 32bit(64 Architecture), 3. 64bit(64 Architecture)で入力しEnterを押します。


次はBioStar 2がインストールされているドライブを入力します。 デフォルトは、Cですが、外部ストレージが使用されている場合は、ドライブD、E、Fなどを選択できます。オプションを入力してEnterキーを押します。


次は、データベースIDを入力します。Express installでMariaDBを使用する場合、rootになります。Enterキーを押します。


次はパスワードを入力します。インストール時設定したDBパスワードです。パスワードを入力しEnterキーを押します。


次に、enckeyファイルのパスを入力します。デフォルトのディレクトリの場合はYを入力します。 Nを入力した場合は、パスを入力する必要があります。 この設定は2.8.0以降にのみ適用されます。2.8.0以前のバージョンは「Y」を入力してください。

Nを入力した場合は、enckeyファイルのパスを入力する必要があります。(例:C:\Program Files\BioStar 2(x64)\util\enckey)


Yを入力すると、バックアップパスを指定します。「D」を入力すると、デフォルトのフォルダー(バックアップバッチファイルが保存されているフォルダー)を指定します。


スクリプトによって実際のバックアップスクリプトが生成されます。任意のキーを押して終了し、「my_db_backup_script.bat」を確認します。


このバッチスクリプトは、BioStar 2のインストールの設定が含まれています。ダブルクリックすると、バックアップが実行されます。バックアップファイルの実行中にエラーが発生した場合は、CMDウィンドウのスクリーンショットを提供してください。Windowsタスクスケジューラを使用して、このファイルを特定の時間に実行するように設定することもできます。


正常に終了すると、バックアップフォルダが以下のように確認できます。

(バージョンrev.7)から、スクリプトが以前の10件のバックアップを保持するようになりました(10回目の実行で、_10が削除され、_9が_10に移動します)。 これは、スクリプトが毎日実行されるように設定されている場合に役立ちます。

10件の個別のバックアップから選択できるようになります。 


(バージョンrev.9)から、入力されたDB ID/パスワードが正しいかどうかをチェックします。 'my_db_backup_script.bat'ファイルを実行し、DB情報が違う場合、間違っていることを示すメッセージが表示されます。この場合は、Backup Generator.batを再実行し、スクリプトの再作成が必要です。




Section 2: 復元
Restore.batをダブルクリックして実行します。


バックアップ時、入力したバックアップファイルフォルダを入力しEnterを押します。例:C:\Backup

リストアを実行すると、現在インストールされているBioStar2の既存データは削除されます。継続しますか?

メッセージが表示されます。同意すると、Yを入力します。


システムアーキテクチャを入力します。上記のバックアップ手順と同じです。


BioStar2をインストールしたドライブを入力します。


データベースIDを入力します。デフォルトは「root」を入力します。 この後、DBパスワードを入力します。



パスワードを入力後Enterキーを押すと、データベースの復元が開始されます。最初に既存のdBを削除してから、バックアップを復元します。 1つはACデータベース用、1つはT&Aデータベース用、もう1つはビデオデータベース用です。


データベースの復元が完了すると、その他のファイル(.conf、enckey、セキュリティ)が復元されます。


enckeyが変更されている場合、BioStar 2サービスを手動で停止後、新しいenckeyを入れる必要があります。


新規インストール時にenckeyの場所を変更する場合、バックアップファイル内にあるenckeyloc.txtのファイルパスを編集すると、ツールはファイルを新しい場所に復元しますが、system.conf内のファイルパスも変更する必要があります。


その後、BioStar 2 Webページを参照すると、以前のインストールのパスワードを使用してログインできます。


ツールの使用にお問い合わせがある場合は、tech_uk@supremainc.com にメールを送信してください。