このバックアップツールの機能は以下のとおりです。

DBだけでなく、すべての設定ファイル、ライセンス、およびenckeyをバックアップする。

タスクスケジューラ内でスケジュールされたタスクとして実行することにより、自動バックアップをセットアップする。

既存のMariaDBファイルを使用するため、サイズが小さい。

バックアップファイルを使用する復元ツール


ツールはこちらからダウンロードできます。

バージョン2.7.10-2.8.4でテスト済み


このツールは、2つのバッチファイルとテンプレートフォルダで構成されています

手順は以下になります。

Section 1: バックアップ

 「Backup Generator.bat」を管理者として実行します。


次は、PCシステムの種類を入力します。1. 32bit(32 Architecture), 2. 32bit(64 Architecture), 3. 64bit(64 Architecture)で入力しEnterを押します。


次はBioStar 2がインストールされているドライブを入力します。 デフォルトは、Cですが、外部ストレージが使用されている場合は、ドライブD、E、Fなどを選択できます。オプションを入力してEnterキーを押します。


次は、データベースIDを入力します。Express installでMariaDBを使用する場合、rootになります。Enterキーを押します。


次はパスワードを入力します。インストール時設定したDBパスワードです。パスワードを入力しEnterキーを押します。


次に、enckeyファイルのパスを入力します。デフォルトのディレクトリの場合はYを入力します。 Nを入力した場合は、パスを入力する必要があります。 この設定は2.8.0以降にのみ適用されます。2.8.0以前のバージョンは「Y」を入力してください。

Nを入力した場合は、enckeyファイルのパスを入力する必要があります。(例:C:\Program Files\BioStar 2(x64)\util\enckey)


最後に、バックアップファイルを生成するフォルダを入力しEnterを押します。C:\Backup



スクリプトによって実際のバックアップスクリプトが生成されます(.batファイルと同じフォルダーにあります)。任意のキーを押して終了し、「my_db_backup_script.bat」を確認します。

このバッチスクリプトは、BioStar 2のインストールの設定が含まれています。ダブルクリックすると、バックアップが実行されます。バックアップファイルの実行中にエラーが発生した場合は、CMDウィンドウのスクリーンショットを提供してください。Windowsタスクスケジューラを使用して、このファイルを特定の時間に実行するように設定することもできます。


正常に終了すると、バックアップフォルダが以下のように確認できます。



Section 2: 復元
Restore.batを管理者として実行します。


バックアップ時、入力したバックアップファイルフォルダを入力しEnterを押します。例:C:\Backup

リストアを実行すると、現在インストールされているBioStar2の既存データは削除されます。継続しますか?

メッセージが表示されます。同意すると、Yを入力します。


システムアーキテクチャを入力します。上記のバックアップ手順と同じです。


BioStar2をインストールしたドライブを入力します。


データベースIDを入力します。デフォルトは「root」を入力します。 この後、DBパスワードを入力します。



パスワードを入力後Enterキーを押すと、データベースの復元が開始されます。最初に既存のdBを削除してから、バックアップを復元します。 1つはACデータベース用、1つはT&Aデータベース用、もう1つはビデオデータベース用です。


データベースの復元が完了すると、その他のファイル(.conf、enckey、セキュリティ)が復元されます。


enckeyが変更されている場合、BioStar 2サービスを手動で停止後、新しいenckeyを入れる必要があります。


ツールの使用にお問い合わせがある場合は、tech_uk@supremainc.com にメールを送信してください。