BioStar 1のウィーガンドモードには、ウィーガンド入力または出力用のユーザーまたはカードIDを選択するオプションがあります。


ただし、BioStar 2では、カードIDのみ出力できます。ユーザーID出力を選択するオプションはありません。

Wiegandを介してユーザーIDを送信することは業界標準ではないため、BioStar 2から削除されました。


回避策

生体認証のみの認証でウィーガンド出力を送信する場合は、ユーザーにカードを追加する必要があります。

物理的なカードを持っていなくても、手動でカードを入力することでユーザーに割り当てることができます。


この場合、ユーザーIDと同一のカード番号を登録できます。

ユーザーがカードIDを認証すると、ユーザーIDと同じIDがWiegand経由で送信されます。


ユーザーがBioStar 2に2枚のカードを持っている場合は、

1.カードをスキャン-スキャンされたカードのIDが送信される。

2.生体認証スキャンのみ-ユーザープロファイルの最初のカードが送信される。

                           

認証モードに基づくウィーガンド出力の詳細については、ナレッジセンターの記事を参照してください。

認証モード別Wiegand出力を理解する